消火設備

消火設備とは、火災を鎮め延焼を防ぐための設備で、消防法によって消火設備に関する基準が定められています。消火設備の種類は、火災の初期に用いる「各種消火器」および「簡易消火器具」や「屋内消火栓設備」・「屋外消火栓設備」・「スプリンクラー設備」などがあり、そのほか危険物など特殊可燃物の火災に用いられる「水噴霧消火設備」・「泡消火設備」・「不活性ガス消火設備」・「ハロゲン化物消火設備」、「粉末消火設備」などがあります。