非常用進入口

非常用進入口とは、非常時に消防隊等が破壊して進入できるように、3階以上の階で高さ31メートル以下の部分には、建築基準法で設置が義務付けられている進入口のことです。但し、非常用進入口に代わる開口部(代用進入口)がある場合には、それを非常用進入口とすることができます。