避難設備

避難設備とは、火災などの災害が発生したときに、避難のために使われる機械器具や設備を言い、大きく分けて「避難器具」と「誘導灯・標識」に分類され、消防設備のひとつです。避難器具の種類として、避難ロープ・すべり棒・すべり台・避難橋・避難タラップ・避難はしご・緩降機・救助袋などがあり、設置すべき器具の種類や設置数などは消防法に細かく規定されています。「誘導灯・標識」は非常口の位置や避難の方向を示すためのもので、照明装置のついた誘導灯と、つかない誘導標識とに分けられます。誘導灯や誘導標識の表示は、だれにでも容易に識別できること、また遠方からでも見分けられることが必要で、表示内容は、避難口を示す記号・避難方向の矢印・非常口という文字により構成され、色彩は緑色にすることが法令に定められています。尚、誘導灯には蓄電池による非常電源が備えられ、停電しても即時に点灯するようになっています。